MENU

千客万来、大入(おおいり)の里 佐伯市大入島

2016年10月1日

blog_syokusaikan_73.jpg



【大入島】
千客万来、大入(おおいり)の里
佐伯市大入島

 大好評の“おおいた島巡り”
vol.4は佐伯市の大入島です。
潮風と太陽がいっぱいの島で
思いっきり遊んで見ませんか!



やっと熱い夏が終わろうと
しています。
豊後水道に面した佐伯湾に浮かぶ、
「おおいり島」とも読める
なんとも縁起の良い名前の島です。
特産のちりめん、いりこを
はじめとする豊かな海の幸・山の幸、
そして、人情味あふれる島の人々が
皆さんをお迎えします、ぜひ一度
来てください。
サイクリングで島を一周できますよ。


blog_amanatsukan_73.jpg

海人夏館(あまなつかん)では
最大の「売り」はなんと言っても
『豊かな自然』。釣りが好きな方は
特にオススメです!
映画「釣りバカ日誌」でも
佐伯の海が舞台になった様に
ここは海の幸が豊富なんですよ!


blog_syokusaikan_73.jpg

オープンカフェで
海風を感じながら・・・。
食彩館でお食事.

blog_sykuji_73.jpg

そして食べ終わった後は、
コーヒーを一杯!外のベンチに
腰掛けてゆっくり味わう。
吹き抜ける海風が心地よく、
まったり出来ますよ。

食彩館では、大入島名物の
ゴマだしを自分の手で作る、
『ゴマだし体験』を行っています。
自分たちで作ったゴマだしは、
買って食べるものとまた違った
おいしさが味わえます。
ぜひ体験を!



blog_kangaru_73.jpg
食彩館の前には
カンガルー公園があるよ!
オーストラリア、グラッドストン市
との友好の証として
オープンした広場です。
広場内にはグラッドストン市の
彫刻家ポール・アダムソン氏の
手によるブロンズ像
「寝そべるカンガルー像」や、
アボリジニーアートが描かれた
トーテムポール、オーストラリアの
木々がみなさんをお待ちしています。


 

blog_kaminoido_73.jpg
神の井とは、神武天皇が東征の
途中飲水を求めて、日向泊の
海岸に立ち寄りました。
けれどここには谷川も泉も
なかったのです。そこで天皇が
持っていた折弓を突き立てて
「水よ、い出よ」というと、
清らかな水がこんこんと
湧き出しました。
あくる朝の船出の際、浦人たちは
感謝をこめた焚火で航海の無事を
祈ったそうです。
海岸のすぐそばで、今でも
真水が湧いていますよ!



佐伯市地域振興部地域振興課
〒876-8585
大分県佐伯市中村南町1番1号
●食彩館
TEL0972-23-2535
●海人夏館
TEL0972-23-1584
http://park.geocities.jp/oiri_shima/



【大入島】



アーカイブ

2018

最新記事

営業案内

営業時間 
月~金 9:00〜18:00
土、日 お休み

電話番号

097ー534ー2628

所在地

〒870-0047
大分市中島西3-8-19

大分駅より車で約5分
駐車場あります


© 2018 月刊とまと All rights reserved.