月刊とまと住宅特集

おすすめ有名ハウスメーカーカタログ

プレゼント

月刊とまと住宅特集(最新版)

 

多くの人にとって家を購入することは、人生の中での大きな決断!が必要です。

 

・「子どもが生まれたからそろそろ住宅購入を検討したい」

・「土地はどうしたらいいの?」

・「住宅ローンについて詳しく知りたい?」

・「今が購入のタイミングなのか分からない・・・」

 

購入するタイミングは人それぞれですが、後悔しないためにも
まずは、情報収集が大切です。

なるべく沢山の情報を集めて、「家を買う前に知っておきたかった・・・」

とならないようにしたいものです。


また、ご家族でカタログを見ながら事前に話し合うことで、お互いの理想の住まいが分かり思わぬケンカに発展しなくてもすみます。


カタログを読んで、家に対する夢「こんな家族団らんのリビングがいいな~」、「趣味の部屋が欲しい」「キッチンは白を基調として・・・」など理想の住まいのイメージをふくらませてください。


まずは、理想の家への第1歩!


各ハウスメーカーのカタログを請求してみてください。

 

今回の月刊とまとでは、有名ハウスメーカー8社の住宅特集を開催しています。

 

その中で、

本屋さんには売っていない貴重な3社のカタログをプレゼントしています。

下記「応募フォーム」
から応募の皆様にプレゼントいたしますので、ふるってご応募ください。

 

各社1社ずつ請求する必要がなく、簡単な登録で一括請求(3社まで)できます。


人生の中での大きな決断です。
年末年始はカタログを読むことで、きっとお役にたてる内容が沢山あるはずです。

 

カタログ請求は期間限定なので、今すぐ応募してください。

【NO.1 アイビックホーム】

バナー

【素足(はだし)の住まい】

自然と暮らす、自然に暮らす。住むひとの想いを大切に、より安全で安心の、家族が快適にすごせる住まい。「素足の住まい」をご紹介。

 



【NO.2 住友林業】

バナー

【自家自賛 多世帯住宅特集】
ひとつ屋根の下に集い、笑顔で支え合う多世帯の暮らしは、家族の絆の強さとあたたかさを感じさせてくれます。自由設計で実現した「わが家らしい多世帯住宅」をご紹介。

 

【NO.3 セキスイハイム】

【この家で、ずっといっしょに】
あったかハイムの暮らしを集めた実例集。あったか実感だけでなく、こだわりのインテリアやプランもご紹介。

 

【NO.4 積水ハウス】

バナー

【住宅総合カタログ(鉄骨住宅)】
鉄骨1,2階建ての商品ラインナップをご紹介。幅広いテイストや仕様を確認いただくのに最適です。

 

【NO.5 ダイワハウス】

バナー

【~心地よさのカギ~天井高のヒントBook】
天井が高いとなぜ心地よく感じるのか?その秘密に迫ります。

 

【NO.6 トヨタホームつくし】

【WELCOME BOOK 総合カタログ】
建てるときの安心。建てたあとも安心。支える安心。3つの安心の住まいづくりをご紹介。

 

【NO.7 パナホーム大分】

バナー

【生きる家。】
パナホームの構造の強さ、さまざまな独自技術、家づくりのコンセプトなどをご紹介しています。

 

【NO.8 ミサワホーム九州】

バナー

【GENIUS 蔵のある家】
「GENIUS蔵のある家」に防災・減災デザインを取り入れた、いつもの快適さと、もしもの備えのある住まい。

house2.jpg


信頼と安心の有名ハウスメーカー8社を厳選いたしました。


「2017年ラストスパート!マイホーム計画開催中!」


 まずは、カタログをご請求ください。

暮らしのご提案や
マイホームづくりを応援する

アドバイスが満載です。

 


【アイビックホーム】

素足で暮らすことが心地良い「素足の住まい」

【住友林業】

新しい空間での新しい暮らし

【セキスイハイム九州】

3つのゼロをめざす自給自足の家

【積水ハウス】

ゆっくり生きてゆく、住まいの先進技術

【ダイワハウス】

高さで、広がりを感じる家

【トヨタホームつくし】

五感で感じる住まいです

【パナホーム大分】

大人の夫婦がくらす家

【ミサワホーム】

世紀を超える邸宅


住宅への疑問

住宅工法の種類とは?

 

 日本は様々な住宅の工法があります。 

これほど多くの種類の工法が
存在するのは、

世界中どこを探しても
日本だけです。 


在来工法、ツーバイフォー工法、

木質系住宅 、 プレハブ工法、
ユニット住宅 、 鉄筋コンクリート造
の違いについてご質問を
いただきましたので、
ご紹介させていただきます。 


 

在来工法(木造軸組工法)

日本で最も主流の工法
耐震面では阪神大震災の被害をキッカケとして、建築基準法が平成12年に改訂され、耐震化が図られました。 

ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)

北米で最も主流の工法 
北米では住宅の9割以上がこの工法で建てられています。2インチX4インチの部材でフレームを組み、構造用合板で剛性を備えたパネルを用い、モノコック構造とすることで耐震性を確保します。 合理的で、生産性や耐震性に優れ、火災にも強く、そして洒落た外観がこの工法の売りです。 

木質系住宅

壁パネルとパネル自体を構造体にした工法 
軸組構造を基本に壁パネルを組み合わせたものと、パネル自体を構造体にしたものとがあリます。前者は、軸組構造の持ち味を生かしながら強度を高め、また後者は、床・壁・屋根がすべて一体の大きな箱のような状態になって構造的に安定しています。 

プレハブ工法(軽量鉄骨造)

工業製品のように大量生産を目的とした工法 
柱、梁などの構造体が、厚さ6ミリ以下の鋼材で構成されています。その工法は在来工法の筋交いの代わりに「ブレース」により強度を出しています。この軽量鉄骨工法の最大のメリットは、工業化によって、品質が安定し、大量に供給することが可能なことです。 

重量鉄骨造

重量鉄骨造は高層ビルなどを建てるのと同じ工法大きな空間を作ることが可能で、間取りの自由度が非常に高いです。重量鉄骨と軽量鉄骨の違いは、材料の厚みで区別されています。
厚さが6ミリを超えるものを重量鉄骨、6ミリ以下が軽量鉄骨です。 

ユニット住宅

ユニット系のプレハブ住宅、ユニットハウス鉄骨構造や木構造等のラーメン構造の箱型のユニットを組み合わ せて造る住宅です。工期が短い、ラーメン構造により耐震性が強い、工場での断熱・遮音材の組み込みにより断熱性・遮音性が高いといった特徴を有します。 

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋とコンクリートのそれぞれの特長を組み合わせる鉄筋とコンクリートのそれぞれの特長を組み合わせることで強さとしなやかさを併せ持つことが最大の特長です。コンクリートは火災などの燃焼から鉄筋を守り、また、外気や雨水から鉄筋を守り、錆びるのを防ぎます。 


「貴重なカタログは今だけ!
今すぐ請求して
年末年始はマイホーム計画を!」

 

間取や部材など実際に見て、理想に合っているか確認できる。
パンフレットやwebではなかなか確認できない仕様がわかる。
防音・断熱対策など細かな部分が、直接わかる。

全体的なコンセプトが、実際に自分のセンスに合っているか確認できる。

ハウスメーカーの住まいに対する取り組みや工夫を、直接質問できる。
自分で大体の設計はできたが、見学会場の設計を参考にできる。
実物を見て触れて、確かめる事で写真ではわからない仕様が体感できる。

それぞれの会場スタッフが業界に精通しているか?しっかり提案できるか?こちらの質問にちゃんと答えられるか?
情熱があるかどうか?もチェック!

契約するまでだけでなく、その後の対応力や誠実さもあらかじめチェック!

建物の良さはもちろん、アフターサービスなどの付加価値も大切な要素。 購入後も気兼ねなく相談できて、きちんと対応できるかしっかりチェック!

気に入った設備がオプションかどうかも、しっかりチェック!

住まいづくりは営業マンとの二人三脚。相性があうかチェック!


来月は、各ハウスメーカーで2018年新春イベント開催!
その前にカタログを読んでご準備ください。