MENU

遠洋マグロ漁で築いた島 津久見市保戸島

2016年8月30日

blog_hotojima2_72.jpg


 

【保戸島】
遠洋マグロ漁業で築いた、海部の民の島。
地中海を思わせる景観や
伝統料理ひゅうが丼が魅力



大好評の“おおいた島巡り”vol.3は
津久見市の保戸島です。

未来に残したい漁業漁村の
歴史文化財産百選。

島には平地が少なく、海岸から山への
傾斜面に3、4階建ての住宅が
ひしめきあい、
地中海を連想させる
独特の景観をつくっています。

その保戸島の漁村・漁民の歴史、文化、景観が
「未来に残したい漁業
漁村の歴史文化財産百選」
に選ばれました。

blog_hotojimaryouri_72.jpg

また、保戸島といえば、やっぱりまぐろ料理。

保戸島の「穂門島 大川」さんでは
まぐろのコース料理が味わえますよ!
「ひゅうが丼」をはじめ、まぐろの
心臓の鉄板焼ステーキやコラーゲン
たっぷりのかぶと焼きなどまぐろの
珍味が堪能できます。

blog_hotojima8_72.jpg

加茂神社島の守護神として
京都上賀茂神社から
別雷神(わかいかずちのかみ)が勧請された。
天文4年(1535)の創始と伝えられています。


blog_hyuugaddon_72.jpg

津久見ひゅうが丼キャンペーン
9月30日(金)まで

「ひゅうが丼」は、まぐろの遠洋漁業基地
として栄えた保戸島の漁師が過酷な漁の
合間に手早く栄養が取れるようにと
考案された漁師料理。まぐろの赤身を
醤油・砂糖などを入れた特製のゴマだれと
和え、アツアツのご飯の上にのせた丼です。
ゴマの香りが食欲をそそるスタミナ食
「ひゅうが丼」を食べよう!!



津久見市観光協会
〒879-2441
大分県津久見市中央町1番30号

TEL:0972-82-9521
FAX:0972-82-7106
http://tsukumiryoku.com/



【津久見市保戸島】






アーカイブ

2018

最新記事

営業案内

営業時間 
月~金 9:00〜18:00
土、日 お休み

電話番号

097ー534ー2628

所在地

〒870-0047
大分市中島西3-8-19

大分駅より車で約5分
駐車場あります


© 2018 月刊とまと All rights reserved.